WorldEdit

WorldEditはMinecraft内で動作する非常に高度なマップエディタです

このプラグインコマンドは、通常管理者及び副管理者のみが使用可能です。

コマンドを利用する時は、/の数に注意してください。
ブロックIDはこちら(en)を参照してください。

コマンド一覧

//limit <ブロック数> 事故防止のために一度に扱えるブロックの最大数を制限します。
History - 履歴
//undo (戻す回数) 指定回数分の変更を取り消します。回数を指定しない場合、1つ前の変更を取り消します。
//redo (戻す回数) 指定回数分の//undoを取り消します。回数を指定しない場合、1つ前の//undoを取り消します。
/clearhistory //undo及び//redoに利用する操作履歴を削除します。
Selection - 選択
//wand 範囲選択に使用する木の斧を取り出します。
左クリックで//hpos1、右クリックで//hpos2に相当。
/toggleeditwand //wandの有効/無効を切り替えます。
//sel <cuboid/poly> 範囲指定に使用する方式を切り替えます。
//pos1 現在位置を選択範囲の起点に指定します。
//pos2 現在位置を選択範囲の終点に指定します。
//hpos1 選択しているブロックを選択範囲の起点に指定します。
//wandの左クリックに相当。
//hpos2 選択しているブロックを選択範囲の終点に指定します。
//wandの右クリックに相当。
//chunk 現在位置のchunkにあるブロックを全て選択範囲に指定します。
//expand [マス数] (方角) (逆方向へのマス数) 選択範囲を拡張します。オプションの指定がない場合前方に指定マス数。
//expand 10 u で上方向に+10マス
//expand 10 d で下方向に+10マス
//expand 10 n で北方向に+10マス
//expand vert で選択したエリアの高さを、マップの最下層~最上層まで引き伸ばす。
//contract [マス数] (方角) (逆方向へのマス数) 選択範囲を縮小します。
//contract 5 sで南側を-5マス縮小
//outset [マス数] 選択範囲を外側へ拡張します。
//inset [マス数] 選択範囲を内側へ縮小します。
//shift [マス数] (方角) 選択範囲を指定方向に移動します。ブロックの移動はされません。
//shift 10 uで上方向に10マス移動
//size 選択範囲の情報を表示します。
//count [ブロック] 選択範囲内にある指定したブロックを数えます。
//distr 選択範囲内のブロック内訳を表示します。
Region operations - 領域操作
//set [ブロック] 選択範囲内を指定したブロックに置換します。
//replace (元のブロック) [ブロック] 選択範囲内の(元のブロック)を指定したブロックに置換します。
元ブロックを選択しなかった場合、空気以外すべてのブロック。
//overlay [ブロック] 選択範囲内のブロックの上に、指定したブロックを一層積み重ねます。
//walls [ブロック] 選択範囲内に指定したブロックで壁を作ります。
//outline [ブロック] 選択範囲内に指定したブロックで箱を作ります。
//smooth (回数) 選択範囲内をなめらかにします。
//regen 選択範囲を再生成します。
//move [マス数] (方角) 選択範囲内のブロックを指定方向に移動します。
//stack [回数] (方角) 選択範囲内のブロックを指定した回数積み重ねます。
Clipboard - クリップボード
かなり癖があります。現在位置を起点とした相対位置で扱われる、ということを常に意識してください。
//copy 選択範囲をクリップボードにコピーします。。
//cut 選択範囲をクリップボードに切り取ります。
//paste (-a/-o/-ao) 現在位置を起点にクリップボードを貼り付けます。
(-a) - airをコピーしない。
(-o) - 現在位置でなくコピー位置を起点とする。
(-ao) - 上記2つを同時に指定する。
//rotate (角度) クリップボードを回転させます。
//flip (方向) クリップボードを反転させます。
//load [ファイル名] クリップボードをファイルから読み込みます。
//save [ファイル名] クリップボードをファイルに保存します。
/clearclipboard クリップボードを削除します。
Generation - 生成
デフォルトでは現在位置を起点とするため、ブロックに埋まってしまう場合があります。
//hcyl [ブロック] [半径] (高さ) 現在位置を中心に空洞を含む円柱を生成します。
//cyl [ブロック] [半径] (高さ) 現在位置を中心に空洞を含まない円柱を生成します。
*ブロックの中にいる*
//hsphere [ブロック] [半径] (yes) 現在位置を中心に空洞を含む球体を生成します。
(yes) - 現在位置を球体の底とする。
//sphere [ブロック] [半径] (yes) 現在位置を中心に空洞を含まない球体を生成します。
(yes) - 現在位置を球体の底とする。
*ブロックの中にいる*
/forestgen (範囲) (木の種類) (密度0-100) 森林を生成します。
*密林の中にいる*
/pumpkins (範囲) かぼちゃを生成します。
Utilities - ユーティリティ
液体を扱った場合//undoが不完全となる場合があります。
/toggleplace 起点を現在位置とするか、選択範囲とするか切り替えます。
//fill [ブロック] [半径] (深さ) 穴を埋めます。
液体での利用が想定されています。
//fillr [ブロック] [半径] 半球形で穴を埋めます。
液体での利用が想定されています。
//drain [半径] 接触している液体を吸収します。
/fixwater [半径] 接触している水流を修正します。
/fixlava [半径] 接触している溶岩流を修正します。
/removeabove (範囲) (高さ) オプション指定がない場合、現在位置より上のブロックを全て削除します。
/removebelow (範囲) (高さ) オプション指定がない場合、現在位置より下のブロックを全て削除します。落下注意
/replacenear (範囲) [元のブロック] [ブロック] [元のブロック]を指定したブロックに置換します。
/removenear (範囲) [元のブロック] 指定したブロックを削除します。
/snow (半径) 雪を積もらせ、水を凍らせます。
バイオームは変化しません。
/thaw (半径) 雪を除雪し、氷を融解させます。
バイオームは変化しません。
//ex (範囲) 消火します。
/butcher (半径) MOBを削除します。
/remov [種類] [半径] 指定したentitiesを削除します。
Chunk tools - チャンクツール
/chunkinfo 現在位置のチャンク情報を表示します。
Super pickaxe - スーパーピッケル
// “スーパーピッケル”を有効にします。
ピッケルで全てのブロックを一撃で破壊出来ます。
/sp [single] “スーパーピッケル”を単ブロックモードに指定します。
/sp [area] [範囲] “スーパーピッケル”を立方体モードに指定します。
同じ種類のブロックのみ破壊されます。
/sp [recur] [範囲] “スーパーピッケル”を球体モードに指定します。
同じ種類のブロックのみ破壊されます。
Tools - ツール
選択している道具に各種“ツール”を割り当てます。
/none “ツール”を解除します。
/info “情報ツール”を指定します。
このツールを利用してブロックを右クリックすると、ブロックの情報を表示します。
素手の状態で使用
/tree (木の種類) “植林ツール”を指定します。
植林可能な場所に木を植えます。
//repl [ブロック] “置換ツール”を指定します。
ブロックを指定したブロックに置換します。
//cycler “サイクラーツール”を指定します。
羊毛の色等を変更します。
Brushes - ブラシ
選択している道具に“ブラシツール”を割り当てます。
解除にはToolsの/noneコマンドを利用します。
//brush sphere (-h) [ブロック] [半径] “球体ブラシツール”を指定します。
(-h) - 内部を空洞化。
//brush cylinder (-h) [ブロック] [半径] (高さ) “円柱ブラシツール”を指定します。
(-h) - 内部を空洞化
//brush clipboard (-a) “クリップボードブラシツール”を指定します。
Clipboardの//copyコマンドでコピーされたブロックを貼り付けます。
(-a) - airをコピーしない
//brush smooth [半径] (回数) “スムースブラシツール”を指定します。
地形をなめらかにします。
/size [大きさ] “ブラシツール”の大きさを変更します。
//mat [ブロック] “ブラシツール”のブロックを変更します。
//mask “マスク”を解除します。
//mask [ブロック] “マスク”を指定します。
“ブラシツール”に影響されるブロックを制限します。
Getting around - 移動
/unstuck *ブロックの中にいる*から脱出します。
/ascend 一つ上の床にワープします。
/descend 一つ下の床にワープします。
/ceil (距離) 天井下にワープします。
足場としてガラスが1ブロック設置されます。
/thru 前方の壁を超えてワープします。
利用できる壁の厚みには制限があります。
/jumpto 選択しているブロックにワープします。
壁を選択した場合、頂上にワープされます。
コンパスを持って右クリックでも可。
/up (距離) 上にワープします。
足場としてガラスが1ブロック設置されます。
Snapshots - スナップショット
バックアップを取り扱う機能です。
//restore (snapshot_name) 領域を復元する。
//snap use [snapshot_name] 別なスナップショットを使用。
//snap list (count) 利用可能なスナップショットの一覧表示。
Scripting - スクリプト
/cs [スクリプト] (オプション) スクリプトを実行します。
/.s (オプション) 最後に利用したスクリプトを再実行します。
/[ファイル名].js (オプション) jsスクリプトを実行します。
General commands - 一般コマンド
/search [検索ワード] ブロック名及びIDを検索します。
//worldedit reload WorldEditの設定ファイルを再読み込みします。
//worldedit version WorldEditのバージョンを表示します。
//worldedit tz タイムゾーンを指定します。
用途不明。

付録

ブロックデータ値

選択したブロックをライトグリーンの羊毛に変えたい場合は、
 //set 35:5
と指定。

看板

・//set sign:(方向)
看板の向きを指定して看板に置換できます。
方向は0-15で指定が可能。//set sign:5だと斜め看板に置換。

//set sign|(一行目)|(二行目)|(三行目)|(四行目) で文字を入力した状態の看板を置換できます。
スペースを使いたい場合は"_(アンダーバー)"を使用します。

上記の2つを組み合わせて使うことも可能。
例: //set sign:5|Minecraft|Bukkit|Neko|Server の様に。

スポーンブロック

//set mobspawner|(MOB)
種類を指定しスポーンブロックに置換します。
MOB名はこちら(en)を参照してください。

音ブロック

//set note|[音程]
音程を指定し音ブロックに置換します。
[音程]は0-24が指定可
音程はこちら(en)を参照してください。

ブロックパターン

複数のブロックを一定の割合で配置する機能です。
各コマンドの“ブロック”オプションにて利用できます。

例://set 30%stone,70%dirt で、石が30%で土が70%に置換されます。
合計を100%にする必要があります。
割合を指定しなかった場合は、等分になります。
ブロックIDでの指定も可能です。


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 使ってみたい --- あああああ (2014/01/26 12:17:13)

  • 最終更新:2012-06-13 19:23:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード